太陽光発電にかかる費用の内訳

美唄へ行って来た

今日はとってもいい天気。なのに一緒に走る人がいないので、一人でJUNK RIDEへ行って来た。

車庫の中でスポーツスターのエンジンをかけようとするが、セルが回らない(・・?

ギアはニュートラルに入ってるのに変だなあ…クラッチを切っても見たけど、やっぱりダメみたい。

Iさんに「セルが回らないんです…」と訴えてみる。Iさんはチラ見しただけで、「キルスイッチが切れてます。」あっそう言えばバイクにはそういう物があったんだった(^_^;)

走り出してすぐ、今度はエンジンが片肺になってしまい、突然エンスト。セルを回しても全く始動しない(@_@)

私は路肩で大パニック!とりあえず携帯を取り出し、Iさんに電話。「エンストして、立ち往生しちゃったんです…」

Iさんはごく落ち着き払って、「普通にガス欠だと思います。リザーバータンクを使って下さい。」あっそう言えば、こないだ浜益へ行って来て、ガソリン入れてなかった!

リザーバータンクも初めて使うもので、レバーの向きが分からず、またまたパニック(T_T)

何とか一番近くのガソリンスタンドにたどり着いた。はい、11リッター入りました。カラッカラでしょ!

何だかだんだん自分に自信がなくなって来たんだけど(^_^;)頑張れ、私!

しかも札幌新道はありえない大渋滞!図らずも新しいクラッチレバーがかなり握るのが楽になっていることを確認出来てしまった。

今日は止まってると暑いけど、風が強くて、走ってるとちょうど良い涼しさ。ただ、江別で石狩川を渡る時、橋の上で強風にあおられて、またもや首が吹っ飛びそうに…

でも転びもせず、迷いもせず(私にとってはこれ重要)JUNK RIDEへ到着。今日は後からJちゃんも来てくれた。

TETSUさんは、モンチッチ。ちゃんのバイクを製作中。エンジンはエボなんだそうだ。ヘッドライトは1950年代のクラシックのやつで、かなりカッコいい。色がまだついていなくて、どんな風になるのか、ホントに楽しみ(*^_^*)

ギアがニュートラルに入りにくいと言ったら、TETSUさんは忙しい手を止めて、私のスポーツスターのクラッチを調整してくれた。格段に入りやすくなったよ!

ダルメシアンのマロと遊んだり、たい焼きを食べたりしながら、ひとしきりTETSUさんの邪魔をして満足し、岐路に着いた。

岩見沢までJちゃんと二人で走った。今度はもっと遠くまで行こうね!

帰りの札幌新道は、行きに輪をかけて大渋滞(T_T)全く進まない!また左手が辛くなってきた。こないだほどじゃないけど、クラッチを握るたびに親指の付け根と手首がきしむ。つぶれたマメの跡に、またマメが出来たし…

すり抜けの時に半クラッチを使うのが、だんだん難しくなってきた。あとちょっと、あとちょっとと自分で自分を叱咤激励しながら何とか帰り着いた。

帰ってすぐIさんに、「VPクラッチ入れて下さいm(_ _)m」と頼んでしまったよ。

昔のハーレーは異常にクラッチが重かったそうだけど、私のスポーツスターは、元々クラッチがそれ程重い訳じゃないんだけどなあ。非力って情けないなあ…

これからクラッチのために一生懸命働こう。少々不純な動機?

札幌新道をずっとすり抜けで丘珠まで走って帰ったので、丘珠から帰る時、渋滞の中を車ですり抜けしたくなって困った(^_^;)

本日の怪我:両手のマメ(何回目かな…)、左肩の打撲(何となれば、帰宅してから疲れて家の中で転んだからだ…)

コメントをどうぞ!